箱入りで

こんにちは。kroužek(クローシェック)のyascoです。

前々からやりたかったことをついにやってみることにしました。

箱でディスプレイ。

手ごろな値段で小箱って売っていないものかなーと探していたんですが、見つけられなかったのでつくることにしました。ラッピングの参考に買っていた本に箱の型紙がついていたので試しに作ってみたら、ラップブレスや使っている台紙にぴったりだったのです。

箱の底に敷いているのはドイツのトランスパレントペーパーという色のきれいな薄紙で、もともとは子どもと工作をしたり子ども部屋にトランスパレントスターを飾ったりしようと思って持っていたものが完全に眠っていたので(笑)、数年の時を経て活躍させることに。作品の色が引き立つ色を考えて入れています。

2月6日のPo'aluaではいくつかの作品をこの箱入りで販売する予定です。レジでのラッピングサービスは行っていないのですが、そのまま、またはご自宅でリボンをかけてプレゼントにして頂けるシンプルな箱です。ご自分用に買われた場合も、帰って箱を開けて再びわくわくしていただけるのではないかなと思っています。


minneのラッピングアイデアの本、箱の他にもタグのアイデアなど実用的かつ汎用性も高いので、ハンドメイド作品を販売している人以外もプレゼントなどに応用できそうです。

トランスパレントペーパー、私は昔フェリシモで買ったのですが、amazonにもたくさんありました。

kroužek

ラップブレスと、ボタンアクセサリーの kroužek(クローシェック)です。

0コメント

  • 1000 / 1000